FC2ブログ

ラジオ体操第一抜粋とスクワット

先週(だったかな?)のお仕事の空き時間にメンバーでおしゃべりしている時、私今ダイエット中なの宣言をしました。やはり、宣言は大事です。その情報を公開しておくことで後に引けないし、自分に甘くならなくて済みますから!
それで、どんなダイエットをしているのかとのことで、とりあえずラジオ体操を頑張っていると話したところ、スクワットが効くよ!と教えていただき、スクワットもやることにしました。
ラジオ体操は全部をするのではなく、抜粋で特に必要な部分を繰り返しやっております。
全身鏡の前できちんとフォームを確認しながらやってみることもありますが、たいていは何か動画を見ながらやっています。
ただ座って動画を見ちゃったり、おやつを食べながら動画を見ちゃったりでは太る一方ですが、その時間を体操時間にすることで少しはダイエットになるかなと思っています。

もう12月に入ってしまったので、年末年始の太りやすい時期まであと少し。
なんとしてもあと3週間ほどで再び衣装用の黒ロングスカートが楽に着れるまで体形を戻したいです!
同じくダイエット中の方、お互いに頑張りましょうね(^_-)-☆


スポンサーサイト

テーマ : ダイエット記録 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

英語で歌おう 日本の童謡 2018年度後半

大阪万博ですと???


本日11月30日(金)は11月の2回目。
秋の童謡は今日で終わりですね。
今日は今までに歌ってきた秋の童謡を色々歌います。
そして、冬の童謡も今日から練習していきます。
更に!
新たな1曲にも取り組んでみる予定です。
童謡以外でも日本で人気の英語の歌を時々練習しているのですが、この冬は数年前に大人気だったあるアニメの歌を練習しますよ!私はその頃英語と日本語で歌いまくり、そしてエレクトーンで演奏し、その後も冬が来るとセットリストに入れて演奏しているのですが、今年はいよいよ英語歌詞のカタカナ資料を作ってみることにしました。英語の苦手な方にもとっつきやすくなんとなく発音がそれっぽく聞こえやすいカタカナ表記をいつも一生懸命考えております。
さて、皆さんそれっぽく歌ってくださるかな・・・?
曲名はナイショにしておきます。なんの歌だと思いますか?


今後のスケジュール
12月 14日、21日
1月  11日、25日
2月  8日、22日
3月  8日、22日


参加メンバー募集中です!
このブログのメールフォームからご連絡ください。

ふんふんさろん教室の『英語で歌おう 日本の童謡』参加ご希望とわかるメッセージと、お名前、ご住所、電話番号、当日緊急連絡用携帯電話番号、メールアドレス、ご利用可能な方はLineのIDもお知らせください。
私のアドレスをご存じの方は直接メールで、TwitterのDMでもOKです!Twitterのフォローはお気軽にどうぞ!緊急のスケジュール変更などはTwitterでお知らせしております。


いや~それにしても。
東京オリンピックの時には関西にも足をのばしてくれる外国の方が増えるかもしれないし、その頃までに外国の方と歌で交流できるように数曲レパートリーを作れたらいいなぁ・・・なんていう目標を持って細々と活動しておりましたが、大阪万博も決まったそうなので、ええっ、じゃあそれまでにもっともっとメンバーを増やして活動範囲を広げなければならないじゃないの!?と。。。
今よりもっともっと活動できるようにこれからも頑張ねばですね。。。
はい。頑張ります。


歌うことの好きな方からのお申込みをお待ちしております。
ぜひ仲間に入ってください!

入会金1000円、月謝2000円






ラジオ体操復活!

さて、11月の始め、いつもの衣装(黒ロングスカート)に現場で着替えたその時!
気づきました。。。。。。。
あ、いつもよりきつい。
頑張らなきゃホックが止められない!
と。
またしても太り始めていたのです。

きっと10月末の発表会の打ち上げ参加のせい・・・!と、思うのは短絡的。
その前からじわじわと太ってきていたのかも?

思い返せば今年だったか去年だったかの新年初仕事の時にもスカートがきつくなっていて、クリスマス太り?正月太り?という感じでしたので、11月にこれはかなりヤバい!なんとか忘年会までに体重を減らさねばと、かなりの危機感を持ちました。

そこで。
ふと思い出したのが、数年前に買ってその時にすごく効果が出ていた『大人のラジオ体操(DVD付き)』です。
このブログでもご紹介したことがあったのではないかと思うのですが、あれは短時間、隙間時間にも出来るし、実際に効果もあったと思い出し、なぜ継続できなくなっっていたのかの理由がいまいち思い出せませんが、とにかく再開しようと本を探し出しました。
最初思った本棚に見当たらずあちこち探しまわったあげく、なぜか最初に探して見つけられなかった本棚にやっぱりあった~~~という大歩危ぶりを発揮しつつ、無事に見つけた本を開いて、それぞれの体操の効果や気を付けるべきポイントを再確認。
とりあえず、全部の運動をしてみて、なるべく引き締めたい部分に効く運動を取り出して毎日やることにしました。

ということで、今のところまだスカートが明らかに緩くなったりはしておりませんが、地道に頑張ります。
久しぶりの健康ダイエット記事の投稿・・・というか、忙しさのあまりブログの更新自体が滞っておりまして、みなさまホントにお久しぶりでございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


グレード取得に向けて忙しい時の時間の工夫

2014年に書いた私の文章


過去にもたしか何か書いたような記憶があると思って検索してみたら、↑上記の記事が出てきました。
でも、自分のした工夫を全部細かくは書いていなかったので、今回追加情報として新たに記事を書いておきます。
忙しいけどなんとか頑張りたいという方にとって参考になれば幸いです。

今回は細切れ時間での練習方法についてです。

社会人になると自分のためのまとまった練習時間の確保が大変になります。
自分自身を振り返ってみて、ちょっと不利だったかなと思う高校生の時でも、楽器を演奏する練習タイムもピアノ室にこもって1時間~1時間半くらいは続けて練習時間がとれていましたし、机の上などで(音出し不可な時間の練習)の譜読み、イメトレ、楽曲分析などの勉強タイムもまとまって2時間くらいはとれていた記憶があります。それに休日や長期休暇期間は3時間ぶっ通し練習も出来ましたし、休憩をはさみ6時間以上の練習タイムを確保することが出来ていました。
しかし、社会人になるとそんな贅沢な時間の使い方は出来なくなりました。
学生のうちは自分の勉強にメインに時間を使えますが、時間的には仕事の都合が優先になり、最初の頃は貧乏暇ひまよ~とか冗談(貧乏暇なしじゃなくて!という意味です。仕事がなかなか回ってこなかったりで・・・)も言っておりましたが、だんだん仕事が入ってくると自分の勉強に使える時間がどんどん減っていきました。まとまった長時間の練習タイムをとることはほぼ不可能、今から1分だけなら弾ける!とか、出かけるまでに15分練習出来そう!などの時間で工夫してちょこちょこ練習をするように工夫せねばなりません。
そんな中で私は学生時代にはピアノの5級までしかとっていなかったので、社会人になってからすぐ暇なうちに指導5級は取れましたが、その後エレクトーン5級~3種類揃って3級まで取得するためには、色々工夫して自分の練習タイムを確保しました。

特に3級を目指していた頃は忙しさのピークで本当に様々な工夫をしていたと思いますが、その後、考え方をちょと変えて、自分の体や時間を大切にする方向にチェンジしたので、今は少々状況も変わっています。それに自分の練習時間の確保も仕事のうちと思ってスケジュールの調整をするようにしております!

さて、それでは以下に忙しさピークでグレード合格を目指していた当時に私がしていた工夫でまあまあ役に立つのではないかと思うこと、今でもその工夫は生きているなと思うことを書いていきたいと思います。

楽曲については、選曲でなるべく短い曲を選ぶようにしました。
同じショパンでも即興曲とかバラードとかスケルツォよりも、グレードの曲にはエチュードから選ぶことにしました。
バッハも平均律などの短くて速い曲を選ぶと全体を通して弾いても短時間で済みます。
3級までのグレードは演奏タイムで何分以上弾かねばならないルールは今のところ無くて、曲数しか指定が無いのでそういう工夫でいけます。20分ステージとか30分ステージをしなくてはならない場合はこの工夫は意味が無いので、あくまでも3級までのグレードの楽曲についての工夫です。


楽譜をコピーしていつも持ち歩き、5分でも10分でも時間があいたら一部だけでも練習しました。特に部分練習が必要な個所はそこだけコピーして練習する楽譜ファイルに入れておくと、取り出してページをめくって練習箇所を探すという手間も省けて、出せばすぐ練習に取り掛かれます。

受験曲だけをCDから(私の頃はカセットテープとかMDに)ダビングして持ち歩き、移動中に聞きました。これもたくさんの曲から選んだりCDをいちいち入れ替えたりする手間が省けて暗譜の確認には最適な練習方法だったと思います。

自分の練習の演奏を録音しておき、それを次の練習前に聞き返してから練習をするようにしました。練習場所に向かう電車の中とか、練習用の楽器の蓋をあけたりなどの準備中などに、客観的に前の自分の演奏を聞くことで、思い出すための時間や練習内容を考える時間が不要になり貴重な練習時間をより効果的に使えるようになりました。

そのような工夫をしても合計しても高校大学時代とは比べ物にならないくらいの短い練習時間しか取れてはいませんでしたが読譜力や音楽知識など基礎力自体がアップしてくと応用もきくようになり、その結果短時間でもなんとかなるようになりました。

私が高校時代からしている工夫ですが、楽器がなくても出来る練習と楽器がないと出来ない練習の内容をきっちり分けて楽器が弾ける時間帯はひたすら弾かないと無理な内容の練習だけをするようにしています。せっかく楽器があって今弾ける時間帯であれば、「考える」とか「悩む」とかをするのではなく「弾く」「弾きながら声を出す」など実際に音を出す必要のある内容の練習に絞って行うようにしています。
高校時代は学習机でできることや洗濯機(あの頃は二層式洗濯機で3分ごとに何かしら作業が必要だったのでいちいち3分ごとに戻ってくるのが面倒で洗濯機のそばに何かを持って行ってやっていたのです)のそばで出来ることとピアノ室でしか出来ないことを分けていました。今では電車の中で出来ること、台所で鍋の見張りをしながら出来ること、腹筋を鍛えながら出来ること、布団の中で出来ることなどに分けてやっています。ちなみに洗濯機は全自動になったのでピーっと鳴ったら干しに行くだけになりましたからそのそばでは何も勉強していません!

即興については、まずは自分の中の引き出しにレシピをいっぱい入れることが大切な練習になるので、範例や変奏曲を指慣らしや初見の練習を兼ねてどんどん弾きました。1分くらいの短い曲も多いので、短時間でも1曲だけとか変奏も一つくらいは隙間時間で弾けるので、弾いたページにカラークリップを止めておき・・・まあ時々クリップを止め直すのを忘れたりもしましたが、同じ曲を2回弾いても問題はおきませんので時間が少しでもあればどんどん弾いていきました。とにかく、悩んだり考えたりする時間を徹底的に無しにして、楽器を触れる時間はひたすら弾くようにしました。

これも数を弾いているうちに定番パターンが身に着いていき、そうするうちに必死に楽譜にへばりつかなくても、ざっと見るだけでだいたいわかってそれなりに弾けるようになってくるので、そうなったらメロディーだけの楽譜で伴奏を思い出してつけたり変奏も前に楽譜を見て弾いたときのことを思い出して即座に弾く練習をします。


時々ピアノの前で長いこと考えている人がいますが、とにかく、悩んだり考えたりはしないのが良いかな?悩まないと弾けない、考えないとわからないことは、まだ自分の中に定着していないことなのですよね。ですから、お手本通りに真似して弾く時間がもっと必要と判断して、範例を見て弾けばよいのではないかと思います。

前の記事で料理に例えたと思いますが、即興はレシピを見なくてもすぐ作れるのがどんなもんかを見られる項目なので、今できる範囲で演奏するしかないのですね。
私ってジャガイモだとこの料理ばっかり・・・と、飽きてきたら新しいレシピを探して作ってみて美味しければ何回か作ってそのうちレシピを見返さなくても作れるようになります。だから範例を見なくても弾けるようになるまではひたすら範例を見て弾けばよいのです。
試験の日には範例を見なくても弾ける内容でとにかく弾く!
自信のないメニューにチャレンジして失敗するよりは平凡で自分は飽きていても完成されられるメニューで勝負する!
勝負した結果、もうちょっと違うのが食べたかったと試験官に言われるかもしれない!
でも美味しく完成していたら、私の好みとは違うし本当はあれが食べたかったんだけど、でも食べられました、美味しかったですよ、ってことで、合格になる可能性も出てくるのです。
こんなのを作ろうとしたけど途中でレシピを忘れたので作りかけです、とか、なんか失敗したので食べてもらえるところが無くなりました、ってことになれば不合格一直線ですが、平凡でも自分の得意料理を作って食べられる物をお出しする方がよほど合格の可能性は高いのです。

というわけで、時間の無い人はあれこれのレシピをたくさん作ってみるよりも、同じ料理を何度も何度も何度も作って、レシピを見なくてもこれだけはかなりうまく作れるという一品をマスターするのが良いです。
私も5級の頃は何が出てもこれでいく、という1本勝負でしたがそれで合格しましたし、3級でも2~3種類の組み合わせでなんとかなっていたと思います。


さてさて、忙しい方の参考になりますでしょうか。
以前にコンサートでおじいさんという年齢のピアニストが新作の現代曲の初演を暗譜でしているのを聞いて以来、私ももう年だしなんて言ってられない!と、生涯現役を目指してずっと頑張ろうと思っております。
社会人で何かを頑張っている皆さん、お互いにこれからも成長していけるように、前向きに元気に、地道にゆっくりでもとにかく前進しましょうね~~~ (^-^)/













英語で童謡 2018年6月と7月と8月10日

大阪天満宮駅より徒歩3分ふんふんさろんのA教室をお借りして開講中の『英語で歌おう 日本の童謡』クラスは、のんびり気楽にご参加いただけるクラスです。
日本の童謡や唱歌、アニメの曲を英訳の歌詞で歌ったり、日本でも有名な外国の曲を英語で歌ったりしています。
酸素をたくさん取り入れて歌うことは体の活性化にとっても良いらしいです。
よく知っている歌も英訳の歌詞で歌うことで、日本の良さや特徴がわかったりして新しい発見もできますし、頭の健康にも良いだろうな~と思って活動しております。

高校時代には英語で赤点を取ったこともあるという私が、社会人になってから必要に迫られて必死で勉強して、今や人前で英語の歌を歌えるようになりました!というわけで、歌うことが好きならば、英語の苦手な方も歓迎のクラスですので、興味のある方はぜひお問い合わせ、お申込みくださいね!


このブログ左下のメールフォームから、または下記ふんふんへのリンク先に載せているお申込み先へご連絡ください。

ふんふん英語で童謡


第2、第4金曜日の午前10時半~11時半
入会金1000円、月会費2000円

6月~8月1回目の本日までに歌った歌は・・・・・

アメフリ
うみ
しゃぼん玉
思い出のアルバム
夏の思い出
浜辺の歌
上を向いて歩こう
さんぽ
となりのトトロ


こんな歌も歌いたいというリクエストにもお応えしつつ進めていきますので、童謡以外の曲も歌っています。
今後の予定
8月24日、9月14日、9月28日です。
準備の都合がございますので、初回お試し参加のご希望は遅くとも各開催日の3日前までにご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。





プロフィール

よっこ#あらるがんど

Author:よっこ#あらるがんど
武庫川女子大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。中高音楽教諭免許、ヤマハピアノ演奏グレード3級、エレクトーン演奏グレード3級、指導グレード3級。音楽教室講師。コンサート、式典、イベント、レストラン、ライブハウス、ブライダルなどピアノ、エレクトーン、オルガン演奏や弾き語り、作曲、編曲など20年以上音楽の仕事を継続中。乳幼児~シニアの方までレッスン中。英日&日英翻訳、スペイン語も勉強中。
2017年はオリジナル作品を形にして残す(全曲自作曲のCD制作)目標で頑張ります。阪神大震災の時のご支援への感謝の気持ちをお伝えする+今後の災害での被災者支援のための企画も続けます。(2017/03現在情報)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR